ミノルタ波止場

かつて減らさない投資(棒読み)を目指していた個人投資家のブログ。 現在はただの雑記帳です。 
突然ですが、近日中に新しいサイトを作りまして、投資関係の話なんかはそちらで書いていこうかなと思います。
ここは消さないで残しますが、元々の趣旨であった大喜利ブログに戻します。現状ぼけおめくらいしかやってませんけどね。。

株を始めてもう十数年経ちますけれど、最近になって優待株なんぞをポツポツと揃え始めまして。
もともと、お金とか全然使わない方だったのに、輪をかけて使わなくなりました。。

振り返ってみると、2000万とか3000万そこそこぐらいの時が、いちばん金使いが荒かったですね。当時はまだ若かったし、同世代に比べて、根拠のない優越感みたいなものがあったんでしょう。また、数千万って、人間がリアルに感じられる限界の数字なんじゃないかなと実体験として思います。そういう意味で、このラインにいる人たちが、いちばん幸せであるような気がします。

4年前に億り人のはしっこに立ってから、3億くらいまでは、逆に焦燥感でいっぱいでした。なんといっても、億手前くらいで仕事やめて一本に絞ってますからね。専業なんだから、生涯年収+αぐらい稼げてやっとトントンだぞ、わかってんのかお前、という強迫観念みたいなものに、ずっと追い立てられる日々でした。当時は意識してなかったですけど、振り返ってみると明確にありましたね。

現在はというと、1ケタ億の後半くらいをゆらゆらしてまして、化け物がたくさんいるこの区分においては非常に中途半端な位置ですけれども、前記の焦燥感が消えたことで、いい意味で、ゆるゆると投資を楽しんでおります。この、楽しむ、という感覚になったのは、今年からかもしれません。ハングリー精神がなくなったとも言いますが。

というわけで、新サイトにつきましては、冒険心の欠片もなくなった自分の取引なんぞは脇に置いて、実際に使ってみないとわからない優待に関するお得な情報や、節税と脱税の間隙を縫う手法なんぞを晒して世間に問うてみたりしたいと思いますので、よろしくお願いします。イメージとしては、ヒルナンデスとバイキングを交互にやる感じで。。

今年はある程度長期で持てそうな配当系の株をガンガン増やしてます。
理由は、前記事で触れた所得税、住民税の同一所得を別区分で申告できるようになったのが大きいです。
これ、実は専業投資家にとって、二つの意味で朗報なんですよね。

一つは、多額の還付金が見込める点です。
仮に配当所得以外に所得がなく、所得控除が基礎控除38万円のみの場合、あえて総合課税で配当を申告することで、503万5千円までの配当は、源泉済みの所得税が全額還付になります。
その額、約77万円。
去年までも同様の申告はできましたが、住民税において、配当控除後でも10万ほどの追加納税が発生し、さらに申告によって国民健康保険税が増額(自治体によって異なるが、50万〜70万ほど)になるので、申告するだけ損、という状態でした。
今年は「住民税では配当所得について申告不要制度を使う」旨の申告をすることで、追加納税も国保の増額も発生せず、もともと引かれてる住民税の源泉徴収5%のみで完結するので、単純に還付分だけ得になります。

また、503万を超えた部分に関しても、全額還付にはなりませんが一部は還付になります(累進課税の都合上、課税所得900万までは)。先ほどの例で言うと、配当所得938万円の時が、還付額が約94万となり最大値です。これ以上計上すると、逆に還付額が減ってしまうので注意が必要です。
まあ、配当938万以上とか、どんだけやねんって話ですけど。。

実際には配当以外の所得があったり、扶養控除やら医療費控除やら寄附金控除やらがあったりするので、上記の数字通りにはなりませんが、とにかく「配当所得は、課税所得900万までは、申告することで還付額が増える」ということは、覚えておいて損はないです。

そして、ギリギリのラインまで配当を申告する場合、配当金の受取方法は、銀行で受け取る登録配当金受領方式を指定するのがベターです。
配当金を証券口座で受け取る、一般的な株式数比例配分方式だと、他の所得やら控除やらを計算した上で、この口座でいくら配当金を受け取って申告するんだ、と事前に決めておかないといけません。12月末時点でこれをするのは至難の技です。
一方、登録配当金方式であれば、申告する配当金を一社ごと任意に選べるため、課税所得900万円ギリギリになる組み合わせを、後からゆっくり計算できます。
ただこの場合も、配当金受領書を一枚一枚取っておく手間と、 nisaでの配当金が課税されてしまう問題があるので、正直、一長一短ではありますね。

ちなみに自分の場合は、外国株の配当所得に外国税額控除を適用する関係もあり、上記のように簡単にはいきません。確定申告の度に何パターンか計算して、なるべく還付額が多くなるよう、毎回頭をひねっています。もちろん合法の範囲内でですよ。。
外国税額控除の限度額を少しでも上げるために、株式譲渡所得を申告分離に載せたいけど、額が大きすぎると配当控除の率が減るから、サブサブサブぐらいの口座で稼いだ株式譲渡所得のみを申告しよう、とかなかなかトリッキーなこともしています。これ意味わかる人いるのだろうか…


さて、二つ目のメリットとしては、「配当所得を総合課税に乗せることで、同所得が給与所得や不動産所得と同様『定常的な収入』扱いになり、クレジットカード等の審査において一定程度考慮される」点が挙げられます。

専業になるとクレジットカードが作れないから、会社員やってるうちに作っておけよ、なんて話をたまに聞いたりしますよね。
そりゃ銀行としては、株でいくら稼ごうがたまたまでしょ、安定した収入でなきゃダメです、となるのは当然といえば当然です。

で、ここからが不思議なんですが、じゃあ安定収入ってどこからどこまでなのか、となったときに、「申告書第一表の左側に乗っている所得」なら、と判断する金融機関が多いようなんですね。
もっと直接的な言い方をすれば、「申告書第一表に載ってる、総合課税の配当所得なら、ある程度安定した所得とみなすけど、申告分離課税の配当所得はあぶく銭とみなす」んですね。でも、同じ配当金を受け取っているのに、申告のしかたで金融機関の対応が違うのは変な気がします。
申告分離課税の株式譲渡は所詮あぶく銭だから、というイメージに、分離課税の配当も引きづられてしまっているのかもしれません。真相はわかりませんがとにかくそういう扱いらしいです。

自分の場合、比較的早い段階から、配当等様々な所得を総合課税で申告していることが評価されているからか、割といいカードも特段支障なく作れてます。


よほど変な銘柄つかんでない限りはなんとかなってそうな感じ。
やっぱり株って何を買うよりいつ買うかのほうが重要な気がする。
2014年以降は、年間5000〜1億くらい取れればありがたいと思ってるので、もうほぼ1年分稼いだ感覚です。いつ休んでもいい。

さて、意外に知られてない情報ですが、今年から、所得税と地方税で同一所得の別区分での申告が可能である旨が明確化されました。
これがどういうことかと言いますと、例えば、配当所得において、所得税では総合課税での申告で配当控除を受け、地方税では申告不要を選ぶ、ということができます。
すると従来、地方税では配当控除の適用後でも最小7.2%(地方税率10%−配当控除2.8%)だった税率が、申告不要になると源泉徴収の5%で済みます!!!
……すげえみみっちい話ですがこういうの好きなもんで。。

ちなみに上記申告の要件として『地方税の申告を所得税の申告より先んじて行う』というのがあるので、市役所と税務署で二度申告を行う必要があります。。めんどくさい。時給換算して割りの合う人だけやればいいでしょう。私はやりますが。こういうのほんと好きなもんで。。


しました。お疲れ様でした。

現状、クリック口座は中期(〜3ヶ月)スイング専門で、デイと長期はそれぞれ別の証券会社で取引してるんですが、年間(確定)利益はトレアイに毛が生えた程度です。。
11月以降の上げは全然取れてないです。悲しい。でも自分が悪い。

2017年はもうちょい更新がんばります。
それではよいお年を。


ここ数ヶ月ずっと、ようこんなすっ高値でがんばるなあ、おたくらようやりますなあ、と思ってましたが、そんな自分でも参加しようかなと思わせる水準まできましたね。。
資金用意して、管理しっかりして、来月はちょっとがんばってみます。

前に書いた、暴落の中アキュだけ上がるって記事、当たっちゃいましたね。。当たったところで一円ももらえないですが。。調子乗ってた個人が相当やられてそうなんで、損してないだけありがたいっちゃありがたいですけれども。



プロフィール

HN:
ミノルタ
性別:
男性
自己紹介:
20代 男

過去収支はトレードアイランド
2015年から3000万円で再開(予定)

クリック以前は楽天


skypeID=minoruta32
ツイッター=@konikaminoruta

連絡はつぶやかないツイッターまでお願いします

スポンサード リンク

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新CM

[05/24 こーひーかっぷ]
[05/12 こーひーかっぷ]
[12/08 NONAME]
[12/08 NONAME]
[11/09 こーひーかっぷ]

最新TB

(08/29)

バーコード

フリーエリア

 
Copyright(c) ミノルタ. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim